おすすめの日焼け止めを正しく使う。


発売されている日焼け止めも沢山の種類があるので迷ってしまいます。

しわを防ぐには、紫外線から肌を守る事が重要です。1年中どんな時でもしっかり防ぐ、ブロックするべきです。

1日に何度か日焼け止めを塗り直す事も必要です。

日焼け止めも大きく分けると、紫外線散乱剤 と 紫外線吸収剤 とがあります。

散乱剤は仕上がりが白っぽく浮いたりなりがちで、敬遠されています。

ですが肌への負担は軽いと言えます。

では吸収剤ですが紫外線を熱などに変化させて皮膚に浸透する事を防ぐ働きをします。

つまりは、肌の上で極小さなやけどを繰り返しており、ダメージを与えていると言えます。

そして、水のように軽くて伸びがよくさらっとしている事が特徴なので、

伸びが良すぎて薄くまだら塗りになったりして、きっちり紫外線カットが出来ていないことが多々あります。

散乱剤の方は、感触が硬かったり白浮きしやすい事もありますが、きちんと適量塗れば肌のダメージなしのUVカットが可能です。

顔全体に対して、約10円玉ぐらいの分量が必要です。

もしできれば、首や手の方も行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする